細胞を用いた機能性解析

RIBMの細胞試験の特徴

機能性評価試験の対象と使用する細胞例
  • 豊富な試験経験から最適な試験系をご提案

    細胞試験においては、適切な細胞の種類と試験系を選択することが重要となります。また、細かな条件設定により、試験結果に違いが現れます。RIBMこれまで多数の受託試験を行っており、その経験を元に細胞の種類を選択し、適切な試験案をご提案致します。また、試験ごとに細かな条件設定を行いながら、試験を進めてまいります。試験内容のみならず、継続的に試験を行う場合のコスト、試験の安定性などを加味したご提案を致します。
  • カスタム試験にも柔軟に対応、試験系の立案・予備検討を行います。

    弊社の試験系はお客様ごとに最適化しております。特に細胞試験については、被験対象や試験内容ごとに細かな調整が必要となります。メニュー内の試験例の一部であり、メニューにない試験についても柔軟に対応したします。論文などの文献に基づいた試験、あるいはご希望の解析対象に対する試験案のご提案も可能です。
  • 多検体の解析に適した料金体系

    細胞を用いた試験系のメリットの一つは多検体、多条件の同時解析にあります。多量の検体の1次スクリーニングは弊社の機能性評価試験の得意とするところです。弊社では1検体、1条件ごとの価格ではなく、1試験として価格をご提案しており、コストパフォーマンスに優れています。多検体の試験をご検討の場合は、是非、弊社にお問い合わせください。また、年間を通じた試験をご計画の際には、割引価格もご提案致します。
  • ※試験内容については、検出対象や目的によって試験ごとに最適化いたします。詳細な試験内容や価格、納期については、メールかお電話でお問い合わせください。bioassay@ribm.co.jp TEL 029-896-6500